小型(小物)プリント基板の製造

小型(小サイズ)プリント基板が「得意」

30mm・50mm以下のプリント基板

小型(小サイズ)プリント配線基板の製造が得意

当社は、配線基板の中でも、「30mm丸 or 30mm角」までのプリント基板、「50mm丸 or 50mm角」までのプリント基板の製造を 最も得意 としています。

 

「30mm丸 or 30mm角」までのサイズのプリント基板は、プレス能力4トンまでのプレス加工機(エキセンプレス機)にて加工し、「50mm丸 or 50mm角」までのプリント基板は、プレス能力12トンまでのプレス加工機にて加工します。

 

 

当社で扱うプリント基板は、(1)紙基材フェノール樹脂積層板(FR-1)(2)ガラス布・ガラス不織布基材エポキシ樹脂銅張積層板(CEM-3)(3)ガラス布基材エポキシ樹脂銅張積層板(FR-4)が主力ですが、いずれも上記のプレス加工機にて加工しています。

 

また、当社は高速かつ正確にプレスできる加工機を多数保有しており、別記させていただいております得意ロット数量の中でも別枠扱いで、10,000ピース以上からほぼ上限無しに製造可能 です。

 

 1ロットあたり500ピース以下の作業数ですと、当社の高速かつ正確にプレスのできる加工機の作業効率メリットを生かすことが難しいかもしれませんが、1ロットの製造数が 10,000ピースにいたらなくても、1ロットの製造数が500ピース以上であれば十分にその作業効率メリットを納期や製品コストに生かしていただいているお客様も多数いらっしゃいます。 

 

 

10mm以下のプリント基板

10mm以下のプリント配線基板の製造

通称「ブザー基板」「センサー基板」などといわれる、一つのプリント基板のサイズが「10mm角 or 丸以内」に収まってしまうような製品は、小型(小サイズ)プリント基板のプレス加工技術を得意としている当社技術と最も適合していますので、お任せください。

 

製品1個あたりの大きさが小さいサイズ・小型のプリント基板をプレス加工にて製造できるようであれば、小型(小サイズ)プリント基板の製造を得意とする当社にお気軽にご相談ください。